教育実践研究科

【教育実践研究科】
本大学院教育実践研究科は、現職教員を主たる対象とし、学校教員や専門学校教員として様々な教育課題に対応していく能力や、インストラクション(教授法)の能力を高め、専門職者としての倫理規範や自律的学修者になるための職能開発を学ぶことのできる専門職大学院です。

<3つのポリシー>

アドミッション・ポリシー
 本研究科で養成する人材は、学校教員、専門学校等の職業人材養成機関の教員として、教育の諸課題を適確に理解して対応でき、また学習者の特性を理解したうえでの指導ができる人材です。
そこで、入学者選抜にあたってはまず3つの条件を満たすことを求めます。
(A)修了後に、教員として活動するために求められる知識や技能等を修得することに対する明確な意思を有している者であること
(B)継続的な学修を行い、教育に関連する専門職として職務を遂行するための心身の自己管理能力を有する者であること
(C)教育に関わり生涯にわたり自己研鑽を積む意欲を持つ者であること

カリキュラム・ポリシー
 本件研究科のカリキュラム・ポリシーには3つの柱があります。
その第一が教育の専門職者として倫理規範を持ち、職能開発を続けていくための専門職性、第二が教育の専門職者として倫理規範を持ち、職能開発を続けていくための教育課題の把握・理解・対応能力、第三が主体的な学びへの同期、学びの実施を促すためのインストラクション能力の涵養です。これらには、高度専門職業人養成に特化して、実践と理論に基づいた教育を重視する専門職大学院だからこそ強化できる部分が大きいです。
 したがって、本研究科ではこの3本柱を育成するためにカリキュラムを組みます。具体的には、専門職の倫理・職能に係る部分を基盤科目、教育課題への対応能力の観点を基幹科目、インストラクションに係る部分を専門科目としています。専門科目では初・中等教育の学校に特化した科目を特に学校教育領域として別途設け、教育思想や教育システムに関わる科目を関連科目としています。またインストラクションに直結はしないが重要となる教育の理念・理論的な部分の涵養についても関連科目の中で扱っています。最後に、インストラクションの実践機会として「教育実地演習」を設け、理論と実践の融合・往還を目指す取り組みとして「プロジェクト研究Ⅰ」「プロジェクト研究Ⅱ」を設けています。

教育実践研究科科目一覧

教育実践研究科カリキュラム構成

ディプロマ・ポリシー
以下のような資質能力を身に付けた者に対して「教育修士(専門職)」の学位を授与します。
(A)教育に関して深い専門的学識と社会人として優れた見識を備え、教育課題の解決に立ち向かう意欲と行動力があること
(B)教育に関して高度な専門性を身に付け、不断に教育理念の構築と探求を行って、優れた実践力・指導力を教育指導の現場で発揮できる能力を備えていること
(C)教育の専門職者としての倫理規範をわきまえ、職場での良好な対人関係や地域社会との協調関係が構築できる資質能力を有すること
《修了要件》必修科目及び選択必修科目を含んで30単位以上修得すること。選択必修科目は基幹科目の必修科目以外から2単位以上、専門科目科目から6単位以上修得すること。
 
PAGE TOP